初めてでも安心!オーシャンビューを眺めながら作る特別な時間【陶芸工房 てぃーだ】

沖縄には琉球ガラスや紅型染め、シーサー作りなどさまざまな工芸品がありますが
その中でも今一際ブームとなっているのが『やちむん』になります。

那覇市にあります『やちむん通り』や 読谷村にあります『やちむんの里』
この『やちむん』を手に入れる為だけに沖縄にいらっしゃるという方も少なくありません。工芸品として親しまれ、お土産としてはもちろんのこと
日々の生活に根強くさまざまなやちむん食器は、製作者や工房によって味もさまざまです。
まさに沖縄の人々の生活に1番根強いている芸術作品と言えるかもしれません。

そんな『やちむん』ですが
今回は自分だけのオリジナル作品の作れる陶芸工房におじゃまをし
体験をさせて頂きました。

場所は読谷村・むら咲きむらのすぐ隣にあります複合施設、
Gala 青い海 の中にあります 陶芸工房 てぃーだ さん
目の前に広がる本島西海岸のオーシャンビューを眺めながら作品作りを楽しめる
贅沢な空間の工房となっています。(冬になるとたくさんのクジラが見えるそうですよ!)

目の前に広がる本島西海岸のオーシャンビューを眺めながら作品作りを楽しめる
贅沢な空間の工房となっています。

体験できるメニューはさまざま
シーサーの絵付けや器絵付けコース、
お手軽ろくろコースやチャレンジろくろコース、
手びねりなんでもコースなどなど
ろくろ一つをとっても種類はさまざま!
自分に合ったコースが選べるので可能性は無限大です。

今回体験させて頂いたのは絵付け体験とろくろ体験

絵付け体験はすでに制作されたベースの陶器に
自分独自の絵をデザインすることが出来ます。
(コップからお皿、シーサーなど絵付けしたいものを選ぶことが出来ます。)

文字やデザインを彫ることだって出来ます。
絵付け体験の醍醐味は焼き上がるまで最終的な色が分からないということ。
染料の量によっては完成系が全く変わるのです。
一つとって同じものにならないのが面白いですね。

続いてろくろ体験

ろくろ体験未経験の方でも大丈夫!
職人さんが一からとっても丁寧に手取り足取り教えてくれます。

もちろん既に経験があり、1人で全て作りたいという方も大丈夫。
必要な時にだけ呼んで貰えばもちろん手伝います、とオーナーの西野さん。
それぞれのペースでそれぞれがろくろに触れ楽しむことが出来る。

訪れたお客さん一人一人の時間想う
そんな暖かさを感じれる工房がこちらの 陶芸工房 てぃーだ さんです。

ろくろを体験してから実際に完成するまでの期間は
天候によってもさまざま
職人さんが余分な土をカンナで削り、
約一週間かけ完全に乾燥
その後お客様に選んでもらった色の釉薬につけ
釜で焼くそうです。
そこから数日かけ冷却。

早くても1ヶ月程見ると良いかもしれません。

もちろん配送を行なっているので心配しなくても大丈夫!
箱を開けるまで完成形がわからないので旅から帰っても2度楽しいですね。
ちょうど旅の思い出を懐かしんでいる頃の到着となることでしょう。

一度梅雨明け宣言されたはずの沖縄 ですが
なんと二度目の梅雨入りと言われている現在。
ぐずついた天気の日も多い毎日ですがぜひそんな日にこそ静かに作品作りを
ぜひここ、読谷村 陶芸工房 てぃーだ さんで


【陶芸工房やちむん】

Add⇒〒904-0323 沖縄県中頭郡読谷村字高志保915番地
Open⇒10:00~20:00
Closed⇒年中無休 Open all year around